きょうは布博2日目!(オレは仕事で行けない…)

昨日今日と名古屋の吹上で開催されている「布博」。昨日はステージイベントにて、滋賀・京都出身のシンガーソングライターYeYeさん、刺繍作家のatsumiさん、そしてシンガーソングライターつじあやのさん。というラインアップでした。なお、今日はSugar Meさんと柴田聡子さんがステージに登場なんだとか。行ける人羨ましい。
#ふと思ったんだがこんかいは話題が多すぎて1日で書ききれない気がしてきた

会場は「名古屋中小企業振興会館第1ファッション展示場」という名前。通称「吹上ホール」なんだけど、厳密には、吹上ホールという名前のホールは同じ施設にあるけど、この会場とは別の場所の話。後楽園ホールを「東京ドーム…の隣」とか言うのに似てるw
で、展示即売会の会場なので、ブースが色々並んでる。テーブルで出す人もいれば、タープの骨組みだけ用意してそこから紐で商品をぶら下げたり布で飾ったりする人もいる。調布市の「手紙舎」みたいに、カフェ出店もするが手芸用の広大なブースも用意してるところもある(手紙舎さんのスープ…美味しかったです!)。
テキスタイル、アクセサリー、パーツ、製品(洋服だったりハンカチだったり)、ぬいぐるみ、などなど、1時間ぐらいあればどんな出店者がいるかわかるぐらいの会場の大きさなんだけど、見どころ多すぎてどうしようかとおもった(偶然にもキャッシュが財布にあまり入ってなくてコンビニATMも遠いしそっちも困った)。

さて、ステージイベント、布博というぐらいだからこだわりの織物で飾られてました。播州織で服を作るデザイナー、tamaki niimeさん*1によるステージの飾り付け。公共施設のただの空間が、その空間だけいきなり素敵なステージになるのはさすがプロの仕事…!
https://twitter.com/textilefabric/status/1231410475755139073

【「布博 in 名古屋」ライブステージにもご注目ください】
本日は2組の出演者によるステージプログラムをご用意しております! 13時からはsugar meさん、16時からは柴田聡子さんが歌声を披露してくれます。また、ステージ装飾は、tamaki niimeさんが手がけてくれました! 
http://textilefabrics.jp/202002/2020/02

雨が降ってて湿度も高いので、会場になってる施設の窓ガラスは曇りまくり…湿度が低いよりはいいんだろうけど高すぎるのもちょっとつらかったのは内緒…

そういや、YeYeさんは、すっごい前に新宿ロフトで行われたライヴで観たことあったなぁ…2012年4月か!8年も前*2。結婚と出産を機に、オーストラリアで生活し、たまに関西に戻るみたいなペースでの活動らしい。もうすぐニューアルバムが出るし、それに伴う全国ツアーもあるんだけど、長年一緒にやっているバンドメンバーのオッサンたちがいつ死んでもいいように、と、そんな曲まで作ったらしいとか(笑)。そんなイイ関係のバンドマンたちと作る音楽もそりゃいいに決まってるわ、なんて思いながら観てました。30歳のニューアルバム「30」は来月リリース*3
atsumiさん。オレは刺繍とかあまり詳しくなかったのであれなんですけど、美大でデジタルデザインを学んだ人が最終的にハンドメイドに行き着く、っていうのは、意外なようにも見えるんだけど、なんか納得できちゃう話でもあるなぁと思ってしまった。
そんなatsumiさんの刺しゅうデータが本体に内蔵されているという刺繍ミシンが2018年末から全国販売されていて。そのサイトの監修もおこなっているのだそう。なるほど…。刺繍ミシンも現物を見たけど、これが*4
最後はつじあやのタン。衣装がまさかのトップス金ピカ!というのだけビックリしてしまった。いや、似合ってますよ。デニムのロングスカートも含めて可愛らしいんですけど、ね。
演奏曲は、こういう場では割とおなじみな感じの、「しあわせなエブリディ」「クローバー」などのオリジナル曲、「パレード」「ルージュの伝言」などのカヴァー曲、ヒット曲「風になる」、などを中心にした約30分。〆が「Sweet Happy Birthday」なのも、女性客メインのイベントっぽいなぁ、と。
そういや、「いま42歳なんですけど、若い頃は40代っていうとピシッとスーツ着てるんだろうと思ってた、でもその年になってみると若い頃とそんな変わってなかった」みたいなことを仰ってましたね。好きなものを好きと言える暮らしをしていこう、というメッセージとしては、少し遠回りだけど分かるわーって感じでした。

(これは凄まじい文字数になってきたので続きは明日…)