台湾発の「左京区本」が更に盛り上がりを見せている件

http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/080014000029/ 左京都男子休日|恵文社一乗寺店

https://twitter.com/keibunshabooks/status/336028887295336448

『左京都男子休日』オンラインショップでも販売開始いたしました! http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/080014000029/


そして初回分は完売、追加注文することとなる恵文社さん、
https://twitter.com/keibunshabooks/status/347518094769541121

あっというまに初回分が完売した、台湾発の左京区案内、『左京都男子休日』ご注文受付再開いたしました。週明けには店頭にも並ぶ予定です。 http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/080014000029/

https://twitter.com/keibunshabooks/status/348249157305237504
https://twitter.com/keibunshabooks/status/348365186014523393

台湾発の左京区案内、『左京都男子休日』再入荷しました! http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/080014000029/

【オンラインショップ新入荷】『左京都男子休日』 http://ow.ly/mhwAH


https://twitter.com/drafie/status/347606520449617920

これ、繁体字中文ですが雰囲気は伝わるので楽しい本ですね。

https://twitter.com/moru37/status/346657425421647872

左京都男子休日|恵文社一乗寺店 http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/080014000029/ すごく左京区な本です・・・左京区いいよね。おっとりしてるし。

https://twitter.com/case_yoshida/status/348297671003480064

面白そうな本!  /書籍「左京都男子休日」(恵文社一乗寺店http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/080014000029/ 京都市左京区を台湾在住の方が案内。prinzに宿泊、ガケ書房、萩書房、恵文社、天下一品総本店、鉄板焼き、食材を買って宿で料理、銭湯、芸大見学など学生とカルチャーの街を案内。

https://twitter.com/funayanagi/status/369161742573518848

台湾から取り寄せなくても恵文社のページから買えるようになったんだ>「左京都男子休日」。値段も台湾からの取り寄せ価格よりちょっと高い(数百円程度)くらいなのでいいかも。 http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/080014000029/


夏にはこんなエピソードも
https://twitter.com/keibunshabooks/status/361717078710956034

『左京都男子休日』のメンバーが先月再び店を訪れてくれました。その際の写真を送ってくれたのですがkatakataさんのスタンプラリーにも参加し、雑誌『POPEYE』などをお買い上げ頂いたようです。さすが。 http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/080014000029/


さらに、今月には京都新聞で…
https://twitter.com/keibunshabooks/status/386005602444406784

今日の京都新聞朝刊で『左京都男子休日』が紹介されました。台湾に住む男女3人組『男子休日委員會』による京都市左京区案内。 http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/080014000029/

https://twitter.com/keibunshabooks/status/387486474481848320

京都新聞にも掲載され問合せ殺到中の『左京都男子休日』は近日再入荷予定、ご予約受付中です。 http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/080014000029/

https://twitter.com/ckazmy/status/387491236124184576

すごいな、売れてるのか…。


で、購入者がFacebookでこの本のすごいところをちょっとだけバラしてくれた。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=461123940672161

ふたたび「左京都男子休日」から。中村佑介さんのイラストは「つじあやの」特集ページにも登場します。ところで、「左京都男子休日」の「左京都」というのは、中国語の正式な用語ではなく、シャレなんだそうです。その心意気、嬉しいですね。(左京区はあくまでサブカルサバービア、なんだけどね)

たしかに、つじあやのという項目を用意する京都ガイドブックってあんましないやねぇ。