台湾の人がつくった「左京区ガイド本」がすごいらしい

というか、こういうお題とこういうグッズを見つけてくる恵文社一乗寺店も相当凄いわ…。
で、何がそんなに凄いのかというと、この、台湾で編纂された「左京区ガイド本」。
http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/080014000029/ 書籍 > 京都の本 > 左京都男子休日
寺社仏閣には目もくれず、天下一品、恵文社一乗寺店、かりおん、ガケ書房京都造形芸術大学、などなど…の左京区左京区っぽいスポットを巡回する男女3人組という図。
恵文社さんのブログでは、その台湾人3人組が掲載許可をもらおうとした時の話も載っている…。
http://keibunsha.jpn.org/?p=6312 HatenaB

twitterでも軽い驚愕の声が。
https://twitter.com/cd_wd/status/339353411029966848

恵文社で買った『左京都男子休日』(左京区男子休日)http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/080014000029/ …がすばらしい。寺社はほぼ出てこないけれど、恵文社ガケ書房とカフェとちせと造形大と手作り市と叡電森見登美彦つじあやのは出てくる台湾の左京区本。左京区は本当にすばらしいと、思わず拍手。

https://twitter.com/heibonshatoday/status/339318876443664384

恵文社一乗寺店さんで注文した『左京都男子休日』という本が到着。「台湾に住む男女3人組『男子休日委員會』による京都市左京区案内」だそう。中国語(繁体字)ですが微妙に読めるような気も。http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/080014000029/

オレも買うかな…。